BPOとは

メモを取りながら作業

現在は多くの企業において派遣労働者の受け入れや業務の外部委託化が行われており、限られた経営資源の効率的な活用を目指す動きが見られますが、そうした流れの最先端に位置すると考えられる経営手法にBPOというものがあります。 BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、社内の業務プロセスの一部を継続的に外部に一括して委託することをいいます。この「継続的」と「一括」いう部分が従来の業務委託と異なる点です。つまり特定の案件やプロジェクトごとに委託すべき内容や範囲などを検討するのではなく、むしろ逆に外部業者が継続的に行っている業務の中から、必要な部分を必要な都度利用するという、一種のカフェテリア的なイメージになります。

BPOが適用される対象は企業によってさまざまですが、一般的には定例的で非中核的な業務が委託されるケースが多く見受けられます。具体例としては企業のお客様相談室などが挙げられます。日常的な対応業務はもちろん、要員の配置、Q&Aの作成、相談対応システムの設計や相談結果の分析などに至るまでを一括して受託業者が対応し、委託者側は必要な情報のみを受け取るといったスタイルが取られます。 BPOのメリットは、企画・設計段階から委託を行うことで、受託業者の持つ専門的なスキルを十分に活用できることです。また、同一業者が業務を行うことでサービスの継続性も確保できます。 さらに、自社内の人員をコアな業務に集中させることで、効率的な事業運営を展開することが可能になります。